自分、または、家族(パートナーや子供さん)が遺伝性疾患をもっていると考えられたとき、その疾患の原因遺伝子が分かっている場合には、遺伝子を調べることで、その病気であるかどうかをはっきりさせることができます。

遺伝子 DNA
3d render of a DNA spirals

遺伝子検査をして、はっきりさせることにより、その病気に合った適切な治療や対策をとることができるのです。

遺伝子は両親から子へ受け継ぐために、兄弟姉妹で共通の遺伝子変異をもつことがあります。

家族のうちの一人の遺伝学的検査を行い、遺伝子変異が明らかになったときは、家族の他のメンバーが同じ変異を持っている可能性もでてきます。

病院での遺伝子検査はどういう手順で受けるの?

遺伝子検査

大まかな説明としては、遺伝子検査ができる病院で、採血をして、DNAを抽出して調べます。
遺伝子検査では、以下のようなステップを踏むことになります。

遺伝子検査のステップ

1 予約
2 遺伝カウンセリング
3 スタッフ遺伝子カンファレンス
4 検討後の遺伝カンファレンス
5 フォローアップ
6 オーダーメイド治療

遺伝子検査で調べられることとしては、以下のようなことがあります。

↓↓

・原因となる遺伝子が判明している病気の可能性があるかどうか。
・遺伝する病気を発症した家族がいるか?自分が同じ病気を将来発症するかどうか。
・遺伝子の変異を持つ保因者かどうか。
・生まれたときから遺伝する病気を持つ子どもがいて、お腹にいる次の子どもが同じ病気かどうか。

病院で受ける遺伝子検査の費用

健康保険が認められている遺伝学的検査を実施する場合には、遺伝カウンセリング(1回)も含めて保険診療です。

遺伝子を研究している専門の研究者が研究として無料で遺伝子検査を引き受けて下さる場合もあります。

一方で限られた研究費で遺伝子検査をしていただくことには限界があります。委託検査として国内・国外の研究室や検査会社が有料で行うこともあり、その場合には自費で行われます。

国内で検査できるものも多くありますが、海外でしか行っていないものもるので、遺伝子検査に必要な費用には幅があり、2~3万円の場合もありますが、10万円以上のこともあります。

なかなか低価格で遺伝子検査をするということは難しいということになります。
 

保険適応で認められている遺伝子検査

健康保険が認められている遺伝学的検査を実施する場合には、遺伝カウンセリング(1回)も含めて保険診療です。

以下のような疾患が保険適応になります。

デュシェンヌ型筋ジストロフィー
ベッカー型筋ジストロフィー
福山型先天性筋ジストロフィー
脊髄性筋萎縮症
栄養障害型表皮水疱症
家族性アミロイドーシス
先天性QT延長症候群
中枢神経白質形成異常症
ムコ多糖症Ⅰ型
ムコ多糖症Ⅱ型
ゴーシェ病
ファブリ病
ポンペ病
ハンチントン病
球脊髄性筋萎縮症

これらの疾患は、遺伝カウンセリング(1回)も保険診療可能です。

実際は、病院で遺伝子検査をする人は多いの?

遺伝子検査をすることがブームになりつつありますが、実際のところ、病院での遺伝子検査は、家族性の疾患や、抗がん剤などの適正を調べること以外には、難しいといえます。

保険適応になる疾患は限られていますし、遺伝子検査が必要である病的な根拠が明確でない限り、気軽に病院で遺伝子検査を行うことは難しいようです。

しかし、多くの方が自分や家族の遺伝子情報を必要としています。
そのような場合は、どのように遺伝子検査をすることができるのでしょうか?

簡単に自宅でできる遺伝子検査

自宅にいながら郵送の身で遺伝子検査が可能な遺伝子検査キットが人気です。
中には売り切れも続出している遺伝子検査キットもあります。

・自分はがん家系だ。(がんの確立を知りたい)
・今後の自分、または家族の病気の疾患確立を知りたい。
・肌のタイプを知りたい
・肥満タイプを知りたい
・毛髪タイプを知りたい
・自分の才能を知りたい
・自分のルーツを探りたい

現在の遺伝子検査キットには、いろいろなタイプの遺伝子情報を気軽に受けれるようになっています。
価格設定は、5000円台から、2万円台となっており、病院での遺伝子検査よりはかなりリーズナブルに行えるといえるでしょう。

遺伝子検査で項目が多いものは、360項目も調べることができ、将来自分がなりやすい病衣の疾患率などの情報が確立として知ることができます。

国内シェア率70%以上の遺伝子検査キット「ジーンライフ(Genelife)」

ジェネシスヘルスケア株式会社の「ジーンライフ」

国内解析総数50万人以上で、国内シェア70%。
2004年3月設立から遺伝子解析技術を活用しつつ低価格化を実現し、
1人でも多くの方の健康や予防に役立てる遺伝子検査キットを販売し続けています。

テレビや雑誌にも、取り上げられ、信頼度も高い遺伝子検査キットです。
私も実際に「ジーンライフ」の遺伝子検査キットで遺伝子検査をしてみました!

遺伝子検査キット「ジーンライフ」をチェックしてみる。
↓↓
遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0

まとめ

正直、ちょっとお値段は高い遺伝子検査キットですが、ジーンライフ(Genelife)は、多項目が調べられる遺伝子検査キットなので、糖尿病や高血圧のリスク、がんのリスク、肥満タイプなど、病気のリスクや多方面の遺伝子(才能や自分の先祖、肌老化タイプなど)を解析ができ、一度解析をすれば、その後の解析は必要ないといわれています。

個人的には、遺伝子検査をしていろいろな自分の遺伝子情報が知れて、良かったなと思っています。

「ジーンライフ(GineLife)」のセール・キャンペーン情報詳細は公式HPから
↓↓
遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0