葉酸代謝遺伝子検査キットは最近注目されています。
妊娠を計画している、また、妊娠している方、授乳中の方、またはアンチエイジングにも、様々な角度から、葉酸代謝遺伝子検査をすることにメリットがあります。

実は、日本人の約が遺伝体質6人に1人は葉酸不足によるホモシステイン高値※になりやすいという調査結果がでています。

「葉酸代謝遺伝子検査キット」では、遺伝的にホモシステインの血中濃度が上昇しやすい体質かを葉酸代謝遺伝子分析で明らかにして、その低下を促す食品や栄養素の摂取をアドバイスします。

※ホモシステインはメチオニンの代謝過程で生成されるアミノ酸、ホモシステイン高値なると、動脈硬化(脳卒中や心筋梗塞)、高血圧、骨折のリスクが高まるという報告がされています。

葉酸代謝について

厚生労働省の通知の中の「図1 葉酸と神経管閉鎖障害の発症の関係モデル」をよく見ると、小さな※がついていて、こう書いてあります。「※1 MTHFRの677番目のCがTに変異しているとこの酵素が働きにくくなる。その結果5,10-メチレンH4葉酸→5メチルH4葉酸の代謝がうまくいかず5-メチルH4葉酸が減少する。」

 わかりやすく言うと、「遺伝子の中に葉酸代謝酵素(MTHFR)の情報が書き込まれている場所があって、その中の677番目が違う文字になっていると酵素が作られる量が少ないので働きが悪くなって、体内で使える形の葉酸(5-メチルH4葉酸)の量が減ります。」ということです。

私たちの遺伝子は、父親と母親の両方からもらっているので、片方だけに異常があっても、もう片方が正常なら、少なくとも半分は機能してくれます。
しかし、両方に異常があると、自力で葉酸を使える形に代謝することができないのです。

難しい話のようですが、お酒に強い人・弱い人をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

アルコールの分解能力も、親からもらった2つの遺伝子の両方が正常でアルコール分解酵素を作れる人(お酒に強い人)、片方に変異がある人(飲めるけど赤くなる人)、両方に変異がある人(全く飲めない人)という3つのタイプに分かれます。

葉酸もこれと同じで代謝酵素を作る遺伝子の、両方が正常な人片方に変異がある人、両方に変異がある人がいます。日本人では、両方が正常な人は約35%、片方に変異がある人は約40~50%、両方に変異がある人は約15%といわれています。

ということは、6人に1人は葉酸の代謝がうまくできず、不足しやすい体質なのです。

参考:Assist one

葉酸が代謝できない人はどうするの?

体内の葉酸濃度が低いと、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高くなるなります。これに加えて、葉酸によって処理されるはずのホモシステインというアミノ酸が溜まってしまい、病気(動脈硬化や脳卒中・高血圧など)のリスクが高くなってしまいます。

これまでの研究で、「遺伝子多形があっても、十分な量の葉酸を摂ることで体内濃度を上げることができる」ということがわかったので、「妊娠計画中は栄養補助食品などで400μg」という方針が示されたのです。

最近は、葉酸代謝遺伝子の検査キットなども登場しています。もし自分が葉酸代謝ができないタイプだとわかったら、妊娠計画中~妊娠初期だけではなく、少なくと授乳がおわるまで、できれば健康のためにずっと葉酸を摂り続けるのが良いかもしれません。

葉酸の不足はどうなるの?

動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・高血圧症などの循環器疾患の発症の危険性リスクが高まると報告されています。

認知症や骨折の発症の危険性リスクが高まると報告されています。
 ※認知症、骨折に関連性があることが報告されています。(ホモシステイン)というアミノ酸が血液中に増加するためです。

妊娠を計画される方は大切な栄養素「葉酸」が必要となります。

※胎児の神経管閉鎖障害リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸摂取に係る適切な情報提供の推進について)より
ホモシステイン(アミノ酸)とは・・・?
血中ホモシステイン濃度が増加すると、酸化ストレスによって血管内皮細胞に障害を与え、血栓形成の要因になるといわれています。また脳の血管や神経細胞にも影響されるといわれています。

妊娠前、妊娠中、産後は赤ちゃんのためにも、葉酸が特に必要になる

妊娠を計画している方、妊娠中、授乳中は特に赤ちゃんのためにも葉酸が必要です。

個人的に、私も妊娠前から、葉酸を服用していました。
当時は、このような遺伝子検査キットは販売されていませんでしたが、現在は、妊娠前後に葉酸代謝遺伝子を検査できるので、妊娠を計画される方には特に受けてほしい検査だと感じます。

葉酸不足で起こりえる、神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄などの中枢神経の元になる「神経管」の一部が塞がり、脳や脊髄が正常に機能しなくなる疾患です。
神経管閉鎖障害が起こるのは、母親のお腹にいるときに神経管が作られる妊娠4~5週頃です。

神経管のどの部分が塞がってしまうかで障害の現れ方は異なり、大きく分けて「二分脊椎症」と「無脳症」が見られます。

「日本では、出生した子供の1万人(死産含む)に対して約6人の割合で見られますが、
その発症には遺伝などの様々な要因が複合的に関係していて、葉酸を摂取することのみで完全に予防ができるというものではありません。

しかし、一定量の葉酸を摂取することにより発症リスクを低減させることが報告されています。
欧米各国では神経管欠損症などの先天異常を防ぐため、1990年代に葉酸摂取を勧告しました。アメリカでは1998年より、パンやシリアルなどに「葉酸の添加」を義務づけました。

こうした対策により神経管欠損症の発症率は減少しました。しかし、日本だけは現在も増加傾向にあります。

ホモシステイン濃度の増加の原因にはどんなことがあるの?

・加齢
・喫煙
・葉酸およびビタミンB6・ビタミンB12の不足
・遺伝的にホモシステインの血中濃度が上昇しやすい体質

ホモシステイン血中濃度について葉酸遺伝子を分析 葉酸代謝 遺伝子検査 キット

ホモシステイン値が高くなると、どんなことが起こるの?

ホモシステインは、血液凝固因子や血管内皮細胞に影響を与えるといわれています。
血漿中のホモシステインの血中濃度が高い状態が続くと健康リスクが高まるのです。

活性酸素が発生
血中濃度が上昇したホモシステインは、酸素や水に反応し活性酸素が発生しやすくなります。

血管が硬くなる
発生した活性酸素による作用に加え、血管拡張物質の働きを抑えることから、血管の柔軟性を奪い血管が硬くなり、つまり動脈硬化や高血圧を招いてしまうのです。

血小板の凝集機能異常
血管は絶えず高速な血液の流れにさらされているため、削られ破れて出血する場合もあります。
さらにLDLなどでアテロームが出来やすくなり破れやすくなります。

そのとき血小板が働いて修復しますがホモシステイン濃度が高いと過剰に血小板が凝集し血管内壁を埋めてしまう危険性がるのですが、硬くなった血管は詰まれば最悪、心筋や脳梗塞という危険な状態になります。

葉酸代謝 遺伝子検査 キット

葉酸代謝 遺伝子検査 キット

葉酸代謝遺伝子検査は健康やアンチエイジングのカギ!

葉酸代謝 遺伝子検査 キット

日本人の葉酸不足は66%が葉酸不足により影響が現れやすいタイプの人が過半数以上といわれています。
ということは、「葉酸不足の人の方が多い」と考えられます。

葉酸は、水溶性のビタミンのため、体から流れやすいです。
また、加熱に弱いという点があり、十分な摂取も難しいところがあります。

この葉酸遺伝子検査キット(GENOTYPIST)では、自分の体質がどのタイプかがわかり、自分の体質を早めに知ることで、未然に健康リスクを予防できる事ができます。

注目度も高く、現在人気も高い「葉酸代謝遺伝子検査キット」。
気になる方は、葉酸代謝遺伝子検査キット(GENOTYPIST)の公式HPをチェックしてみて下さい。
↓↓
『葉酸代謝遺伝子検査キット』